立体駐車場を家庭に導入する時の利点とポイント - 初心者が自立立体駐車場で運転する際に見るべき部分
  • 立体駐車場を家庭に導入する時の利点とポイント

    住宅の駐車場と言うとカーポートに1台などの車両を駐車するスペースが一般的です。


    車が好きな人などの場合、2台以上の車を所有するケースも多いと言えましょう。

    立体駐車場に関する問題解決をサポートいたします。

    一戸建ての家に住んでいる場合でも2台分の駐車場を確保するためには土地面積が必要になるため1台は自宅の駐車場、もう一台は月極駐車場を利用するなどしてマイカー所有を行うケースは多いと言えましょう。

    また、夫婦でそれぞれが1台ずつ車を所有する場合も、2台分の駐車スペースがなければ1台は近所の月極駐車場を活用するケースは多いと言えます。



    しかしながら、今ある駐車スペースを立体駐車場にする事で月極駐車場を借りる事なく自宅に2台分の駐車スペースを確保出来るメリットが出て来ます。
    立体駐車場とは自家用車を上下に2台保管しておけるもので、昇降機を使って上段に止めてある車を下段に下ろす事で原状のスペースに2台分の駐車スペースを確保出来るメリットを持ちます。


    一般的に立体駐車場と言うと月極駐車場やお店などの駐車場など業務用タイプをイメージする人は多いかと思われますが、家庭用の二段式駐車場などの機械を導入すれば立体駐車場自宅に導入する事も可能になります。ちなみに、昇降機を動かしているのはモーターになりますが、一般的な家庭用100V電源ではなく200V用電源を利用する方がモーターの回転を速める事が出来るメリットや車の総重量などに応じて200V電源にしておいた方が効率が良い場合もあります。