立体駐車場は自走式と機械式のどちらが便利か - 初心者が自立立体駐車場で運転する際に見るべき部分
  • 立体駐車場は自走式と機械式のどちらが便利か

    立体駐車場には機械式と自走式がありますが、利便性としては設置場所によって違いがあります。


    まず、商業施設の上層階やオフィスビルの地下を利用する場合、構造的に機械式を使うのは難しくなります。自走式の場合は階層を移動するためのスロープが必要ですが、横長の土地では距離が短くなるのでスロープが急勾配になり過ぎてしまうので使えません。

    そのため、これらのケースでは選択肢はありません。


    立体駐車場を建てるための土地を確保する場合には維持費や安全性を考慮して決めると良いでしょう。まず、駐車場そのものの維持費は自走式の方が安くなり、耐用年数も長いので長期的な使用ができます。

    機械式の場合は故障しないようにメンテナンスしなければならないので維持費が高くなり、耐用年数が短いので建て替えも必要になります。

    立体駐車場情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

    土地にかかる費用も考慮が必要であり、機械式の方が少ない土地で多くの車を駐車できます。



    ただし、集合住宅などで使用する場合には商業施設のような1つの駐車スペースに多数の車を入れる構造ではなく、小型の立体駐車場を並べる形になり、実際には自走式とそれほど土地の広さに違いがないのでスロープを設置できる距離が確保できるかどうかの問題となります。
    安全性としては機械式は注意しないと巻き込まれる事故が起きる可能性があります。集合住宅では小さい子供が駐車場の中で遊んだりするので、管理を徹底する必要があります。そのため、費用面で決めにくい場合は自走式にした方が安心して利用できます。