• 立体駐車場の種類と特徴

    立体駐車場には機械式と自走式の2種類があります。機械式の立体駐車場のメリットは収容台数の効率の高さであり、所定の位置に移動した車を機械で移動させるので運転するスペースが必要ありません。
    最も小型のものでは一般的な住宅で1台のスペースで2台を駐車するために使用することもできます。

    ただし、デメリットもあるので自走式との比較が必要です。機械式は故障すると修理するまで使えなくなります。


    この頻度を抑えるために定期的なメンテナンスが必要になり、費用の負担が大きくなります。

    立体駐車場について知りたいならこのサイトです。

    機械に巻き込まれる危険性もあるため、扱いには注意しなければなりません。
    また、耐用年数が短いので長期的な運用する際には建て替えが必要になります。


    集合住宅では積立金から払うことになるので、毎月の修繕費の引き上げに繋がることがあります。



    自走式の立体駐車場のメリットは機械を使用しないので故障することがなく、メンテナンス費用もほとんどかかりません。

    巻き込まれるようなこともなく、構造も単純なので安心して利用できます。

    耐用年数も長いので長期運用しやすい形式です。



    自走式のデメリットとして、階層を移動するためのスロープの勾配を緩やかにしなければならないため、十分な距離を確保する必要があります。機械に巻き込まれることはありませんが、駐車スペースまで運転する際の接触事故が起きる可能性はあります。


    台数を優先しすぎると運転しにくくなって事故が起きやすくなるので適切なスペースを確保しましょう。