FXの内容とメリット


FXとは、marginForeigneXchangetradingの略で、日本語では外国為替証拠金取引とも訳されています。


2種類の異なる通貨を売買することにより、差額を利益とするという事を目的としています。例えば、1ユーロが100円の時に1万円分、つまり100ユーロ購入したとして、円安が進み1ユーロが120円になった時に手持ちの100ユーロを円に戻せば1万2千円2になるので、2千円の利益を得ることが出来ます。

この様に、FXは為替の動きを利用して儲ける取引です。

以前は、この様な為替の取引は法人だけに限定されていました。

リクナビNEXT JOURNALが気になる方に必見の情報です。

これが変化したのは、1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されて以降で、個人でも利用できるよう環境が整備されます。これにより、FXは日本でもサービスとして提供される様になります。



なお、FXは基本的には株券による取引と同様で、安い時に購入して高い時に売却すれば差額を利益とできるという仕組みです。

ただし、株と比較すると選択肢が少ないので、特別な知識を持たなくても参加する事が出来ます。



また、外国の通貨同士を交換する事も可能なので、景気が悪化した場合でも儲けるチャンスがあるという事もメリットです。

また、サービス開始時には悪徳業者による問題が報道される事が目に付いたのですが、現在ではかなり法律は整備されています。


このために、学生や主婦も取引に参加しており、安定した人気を集めています。



Copyright (C) 2016 FXの内容とメリット All Rights Reserved.