FXの魅力 外貨預金とは違うの?


FXとはいわゆる外国為替証拠金取引のことです。

ドルや円、その他の通貨を売買することでその差益を狙う取引ですが、それ以外にも低金利の通貨を売り高金利の通貨を買うことで得られるスワップポイントを獲得することもできます。

ここまでは外貨預金と似ていますが、FXでは証拠金を担保により多くの金額を運用することができるのです。

エキサイトニュース選びをお手伝いします。

通常のFX口座では最大で25倍のレバレッジをかけることができ、多くの場合長期トレードになりがちな外貨預金と比べると大変効率的に利益を狙っていくことができます。



例えば1ドル100円の場合だと100万円を入金しておけば最大で25万ドルまで取引することができ、その後1円円安になるごとに25万円の利益を得ることができます。



数か月から数年は見込む必要のある外貨預金に対して、数日、もっといえば数時間の値動きで同じかそれ以上の利益を獲得できます。

もちろん円高になってしまうと逆に今度は加速度的に損失が膨らんでしまうので、25倍ぎりぎりまでレバレッジをかけるのはあまりにも無謀ですが、自分が耐えられる損失をあらかじめ設定しておき、その範囲内で取引するのであればリスク管理をしながら効率的に取引ができるのです。

一般に為替取引といえば円安になれば儲かり、円高になれば損すると思われがちですが、FXはショートポジションを持つことで円高の局面でも利益を出すことができます。
株式取引でいうところの空売りと似ていますが、銘柄も取引量も制限されておらず、どちらも同じ様に取引することができます。


Copyright (C) 2016 FXの魅力 外貨預金とは違うの? All Rights Reserved.